三重県の新築マンション



三重県情報

三重県情報
wiki

海、山の豊富な自然に恵まれ、農業・漁業が盛んである。また江戸時代(御伊勢参り)から現在(F1日本グランプリや、8耐など)に至るまで、観光を産業として成り立たせており、京都府や奈良県と並び稀有な県である。北勢、伊賀、中勢、南勢(伊勢志摩)、東紀州の5地域で構成されている。

概要

面積: 5,777.31km²(境界未定部分あり) 人口密度: 318人/km²
総人口: 1,838,664人(推計人口、2012年9月1日) 県の木: 神宮杉

地理 地理画像

三重県は南北の長さは約180km、東西の幅は108kmと、非常に細長い形をしているため、地形も、伊勢平野をはじめとする平野部から、山脈、青山高原などの高地、盆地、低地など様々な地形を有する。  伊勢湾から松阪市飯高町にかけて中央構造線が通っており、飯高町月出では大規模な露頭が見つかっている。2002年に「月出の中央構造線」として国の天然記念物に指定された。2007年には、長野県大鹿村とともに日本の地質百選に選定された。

マンションについて

北勢、伊賀、中勢、伊勢志摩、東紀州の5区域から成る三重県。海、山など自然に恵まれているので、子どもをのびのび育てたいファミリーにぴったりの環境だ。伊勢神宮や、熊野古道、鈴鹿サーキット、ナガシマスパーランドなど観光地としても名高い他、松坂牛、牡蠣、伊勢エビなど食通にはたまらない地。三井のアウトレットも大規模だ。同じ三重でも、交通の便がよく飲食店も多い桑名市、温和な気候で都市として発展した四日市市、名古屋・大阪へも通いやすい津市など様々なので、生活に合わせて検討したい。

マンション画像
注目行事

熊野
大花火大会

毎年8月17日に三重県熊野市の七里御浜海岸で開催される花火大会。
紀州路最大のイベントとして夏の夜空をにぎわせている。

四日市
花火大会

8月に三重県四日市市四日市港霞ケ浦・富双ふ頭で開催される花火大会。
すべての花火が海上からの打ち上げとなり、打ち上げ場所が会場に近いため、迫力の ある花火を観覧することができる。

伊勢神宮
式年遷宮

飛鳥時代の天武天皇が定め、持統天皇の治世の690年(持統天皇4年)に第1回が行 われた。その後、戦国時代の120年以上に及ぶ中断や幾度かの延期などはあったもの の、およそ1300年にわたって行われている。





三重県

このページのTOPへ